ツメカミドットコム

主に爪噛み癖、爪むしり、咬爪症に関する文章を書いています

ささくれ(さかむけ)の正しいケア方法

f:id:sbgx:20200613090430j:image

爪と皮膚の間で皮膚が向けた状態のことを「ささくれ」「さかむけ」と言います。

 

よく水回りのお仕事をされている方などもこの「ささくれ」に悩まされているという方は多いのではないでしょうか。

 

自分も居酒屋でアルバイトをしていた際、よくこの症状に悩まされました。

 

また自分は当時爪噛み癖があったこともあり、常にこの「ささくれ」には悩まされていました。

 

爪を噛むのと同じように「ささくれ」部分をつい噛んでしまうのです。

 

 

時には化膿もしていました。仕事にも支障が出ていました。

ささくれはケアすべき?

ズバリ、「ささくれ」はしっかりとケアすべきです

 

ではどのようにケアすべきなのでしょうか。

 

この記事の中では「ささくれ」の正しいケア方法をご紹介したいと思います。

 

ささくれの正しいケア方法

(1)爪切りで根元から切り取る

まず「ささくれ」を見つけたら、引っ張ったり噛んだりせず、根元から清潔なハサミ、または爪切りで切り取りましょう。

f:id:sbgx:20200613090430j:plain

ハサミの場合、利き手に左右されてしまうため、個人的には爪切りで切ってあげるのがオススメです

(2)ハンドクリーム、ケアクリームを塗り込む

最後に、クリームを塗ってあげましょう。

 

f:id:sbgx:20200614012224j:image
f:id:sbgx:20200614012228j:image

 特に「さかむけ」のあった箇所を入念に塗り込んでいきます。

 

自分は Aesop のマンダリンフェイシャルクリームを好んで塗り込みますが、ドラッグストアなどで市販されているハンドクリームでも何ら問題ありません。

イソップ マンダリンフェイシャルクリーム 60ml

イソップ マンダリンフェイシャルクリーム 60ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 最後に

f:id:sbgx:20200613093601j:plain

しっかりと処置すれば、翌朝には見事に回復しています。

 

噛んでしまったり、引っ張ったりしてしまうと、場合によっては雑菌が入り込み化膿してしまったり、炎症を起こしてしまうこともあります。

 

面倒に感じても「ささくれ」はしっかりと処置をすることで、指の清潔な状態を保つことを心がけましょう。