ツメカミドットコム

主に爪噛み癖、爪むしり、咬爪症に関する文章を書いています

【書評】『なぜ女は、男の手を見るのか?』

f:id:sbgx:20200618002242j:image

一昔前に出版された、いわゆる「モテ本」の類ではないかと思います。まず初めに書いておくと、自分は「ちょっと思っていたものと違う書籍だった」と感じています。ただすでに絶版だったため中古で購入し読み進めたのですが、中古でも1,000円以上の高値で取引されていたため読みたい人は意外と多く、根強い人気があるのかもしれません。

 

タイトルの『 なぜ女は、男の手を見るのか?―恋愛格差の謎を解く美男美女の法則 』は本書の第6章をそのまま引っ張ってきたものになります。いわゆる『 スリッパの法則 』と同じ構造で、「一番興味が湧きそうな章のタイトルをまんまタイトルにしましょう」という策略で出版されたのではなかろうかと言う1冊です。

 

先に言ってしまうと、自分はこの本を読む前から女性が男性の手元を気にする話はよく知っていました。ただし学術論文といった根拠を具体的に提示した書籍を読みたいと思いこの本を買ったのですが、書いてあることは一般論の羅列ばかりに留まるものでした。

 

ちなみに「女性が男性の手元を気にする」のは、身体的に自分にもっとも近づこうとするものに対して警戒してしまう本能的な要素と、手に遺伝的特性が現れやすく(例えば運動神経、知能)そのため生存本能が働き、どうしても手元を見てしまうらしいのです。(本当かどうかはわかりません)

 

ただし、自分自身も周りの女性に話を聞くと「よく見ている」と言う話を聞くことが多く、であれば当然そのような作用の有無に関わらず、「清潔感は保った方がいいよね」「噛んだり毟ったりしない方がいいよね」と言う至極当たり前な回答に行き着く訳でした。